「ほっ」と。キャンペーン

おいしいイタリア情報をお届けします


by buoncuorebuoncibo

formaggio チーズ

こんばんわ。お久しぶりでございます。
b0283487_782564.jpg

じゃーーーん。ってこの間言ってたところ。でもね。行けなかったんです。急用で。なので写真のみ。。。
答えはリグーリア。私の愛する場所です。楽しみにしてた週末突然キャンセルになってしまいがっかりしましたが、自営業だからしょうがないね。本当にフォッカッチャおいしいですよ~~~。リグーリアはまた絶対行くからその時レポートしますね。

気をとりなおして今日はチーズのお話。
b0283487_711576.jpg

これはformaggio di fossa フォルマッジョ ディ フォッサといってここボローニャの近くロマーニャ州で作られるチーズ。夏ころに地面の穴に埋められて熟成され11月の終わりにだされるというチーズ。前にパスタのソースになっているのを食べたことがあったのだけど、このまま食べるのは初めて。今シーズンですものね。
調べてみたら1497年からの伝統に基ずいた作り方をしているそう。500年の歴史ってすごいですよね。
私、普段はちょっと乳製品苦手なんですが、脂肪分たっぷりっていうのもあるし、、、でもたまのチーズはおいしいですね。なるほどこれは中々しっかり熟成されているお味。赤ワインにあいます~~。

b0283487_725748.jpg


こちらはね。最近こってるヤギのチーズ。っていうのがシチリアのお菓子カノーロシチリアーノが大好きでして。
でもいつもは食べてられないし。お砂糖たっぷりだし、外見もあげてある。でレシピをさがしたらヤギのリコッタ
を使っていることが判明。それでヤギのチーズをさがしてそれにはちみつをかけて食べる。安心おいしいデザートです。お好みでビターチョコを削ってもいいし。結構売ってないんですよ、ヤギのリコッタ。この写真のもおいしいけど、[ヤギの顔もかわいいし]でもね、郊外のコープでかったのはもっとクリーミーだった。小さなコープなんだけどね。チェントロではまだみつけられてません。誰かしってたら教えてくださーい。

只今年末で大忙し。本業BBも忙しいし、クロネコの方もばたばたです。あ、ギフトセットの今年のオイル入荷しました。今度お伝えしますね。おいしいですよ~~。次はラグーのことも書こうかな。

お休みなさい。皆様もお体におきをつけて。ボローニャ急に寒くなってきました。
[PR]
# by buoncuorebuoncibo | 2012-12-10 07:35
なんだかまだまだ寒い~~というほどではないボローニャです。昨年は大雪で大変な冬だったんだけど、今年はどうなるのかしら?

昨日はお客様に頼まれていたワインの買い出しに行ってきました。

b0283487_4182127.jpg


ブルネッロ ディ モンタルチーノや、ランブルスコ、スプマンテなど合計11本。207ユーロなり。
これを日本までお届けするのも私の仕事なのです。
このお店はいくらぐらいでこういうのを探してるんだけど、、、というとさささーと豪華なワインがそろう店。
そしてもう一つのお楽しみはおいしいチョコレートがいっぱいあるのです。すべて手作りチョコレートでつつみもかわいい。私もふた箱買ってしまった。。。お気に入りのバッビのウエハース。こういうものも日本にお届したいな。
日本ってなんでもそろうけど、私が見ている限りイタリアのスイーツはまだ少ないと思うんですけど。。。業者さんいわく湿気とかの問題でむずかしいそうな。

それからいつものパン屋さん。この左側のがフォッカッチャドルチェ

b0283487_4263643.jpg


これね。この間いつものようにパン屋にいた時にお店のシニョーラがはい、はいってお店にいる人にほかほかのを味見させてくれて、それ以来はまっているのです。ほんのり甘いふわふわフォッカッチャの上はさくさくの
お砂糖がかかっていて、なんかね。幸せな味。。。食べ過ぎ要注意!
となりに写っているのはリンゴのケーキ。こちらもしっとりリンゴの甘酸っぱさがまじっておいしいです。

3泊された大学の教授がいらっしゃって、毎日このパン屋のお菓子をたいらげられた。甘党なのね、やっぱりイタリア人って。

この週末はフォッカッチャのおいしいあるとこに脱出予定。1泊2日の強行旅行だけど[電車で3時間半とバスで40分]私のイタリアの第2の故郷。16年前ここから私のイタリア人生が始まったのです。

さあ、どこでしょーう。お楽しみに。。。
[PR]
# by buoncuorebuoncibo | 2012-11-30 04:38 | イタリア
b0283487_548542.jpg


日本は3連休だったようですね。
私も本当に久々の休日でした。土曜は友人と映画に行き、今日は自分の為の時間。
忙しいと自分と向き合う時間もなくなります。そういう時は自分だけの時間をつくるといろいろ見えてくる。
不思議なもので体と食事と環境ってつながってるんですよね。
家がちらかっていると、食事も乱雑になるし、気持ちも落ち着かない。

ここのとこ美食の会読き、仕事多忙で私の体もなんだかぼやんとしてきたので、

ダイエット!

私は小さなときからころころしていて、くいしん坊でやせっぽっちだったことはありません。
実は数年前、突如決意してこちらのダイエット専門の先生のところに行ったのです。
それが、楽しい経験でして。脂肪が落ちていくのと同時に自分発見もあり。もともとおいしいものは好きで、どうやったら健康的においしいものを食べながらやせられるかといろいろ研究しました。
その先生のとこで教わったのはいわゆる食べ合わせダイエット。お腹もすかないし、するすると10キロくらいやせたのです。それからヨガをやりだして、菜食に興味を持ち、マクロビやローフードも試しました。

で、私がダイエットする時のポイントは

フルーツ、野菜中心にする。けっこう当たり前なんですけど、順序がありまして、フルーツ、野菜、メインの順番で食べるのです。あ、食べ合わせは炭水化物とタンパク質を一緒に食べません。

写真は家にあったあけび。色が本当にきれいでみるからにビタミンがありそうですよね。

それから簡単野菜料理。よくするのが野菜のオーブン焼き。

b0283487_5545199.jpg


こうやってざくざくざくときった野菜をハーブ塩とオリーブオイル「いいものを使ってね]と少々の酢をふりかけて
ホイルを上からそっとかぶせて160-170度で30-40分くらい。
よくレシピ本とかにはグリルとかあるけど、ゆっくり焼いてる時間もひまもないし、においもあるしね。
夏はこれを冷やして、冷たいスパゲティとあえたりなにかと便利です。

今回はこうしました。

b0283487_5591392.jpg


オーブンから出したあと、スライスしたニンニクともう一回ちょっとお酢、イタリアンパセリをかさねながらミルフィーユのようにだんだんにしていく。ちょっとぺペロンチーノもかけました。
こうするとマリネみたいでもつし、ニンニクの香りがいいのです。あればドライトマトを小さくきざんだのをいれてもいいです。ドライトマトってとってもいいアクセントになるんです。

ダイエットの秘密ってぱっと食べれるものがあることですよね。

おためしあれ~~

私を知ってる方、このダイエットがどうなるか観察してね。
[PR]
# by buoncuorebuoncibo | 2012-11-26 06:08
b0283487_3444956.jpg

時間がある時はお客さん用のケーキを焼いたりするけれど、今日はいつものお気に入りパン屋さんへ。
買ったのはボローニャ郷土おかし、pinzaピンツアと季節のお菓子panoneパノーネ。

ピンツアは年中とうしてあるお菓子。さっくりふわっとしたクッキー生地にモスタルダどいうこの地方特有の
ジャムを入れる。よく前のだんなさんのお母さんが作ってたな~~と思いだす。[彼はボローニャ人だったので]

そしてパノーネ。こちらも私のお気に入り。ケーキの中はチョコレート、ナッツ、ドライフルーツなどなどぎっしり。やっぱりおいしい。この週末あたり作ろうかな。この時期のお菓子の特徴で長持ちするのです。

b0283487_3524655.jpg


このパン屋はうちの近所のせまーい道にあるのを数年前に発見。なんか店構えが年季が入ってるでしょ。
入ってみるとそこは私の大好きな雰囲気。昔からの地元に密着したパン屋さん。だんなさんが奥でパンやケーキを焼いていて、奥さん、親せきの人がパンやお菓子を売っている。
もちろん世間話もお約束。みんな顔を覚えてるのね。私も今では常連です。こうやって昔からのお店がずっと残ってほしい。

b0283487_3572385.jpg


外から見た感じ。並んでるケーキがいっぱい。ホールで買っても7ユーロくらい。[730円ほど]
リコッタチーズと洋ナシのケーキとか。。。

b0283487_3591268.jpg


これは中のケースの前。下の方にみえるのがボローニャ名物の詰め物パスタ。トルテッリー二やトルテロー二。ひととおり私も作れます。また今度紹介しますね。

ここはお昼も切り売りピザを買う人でいっぱい。パン屋特有のふわふわもっちりピザ。

あ、うちのBBのサイトです。ボローニャに来る予定のかた遊びにきてね。ここのケーキが朝食で食べれます。
www.bbabologna.com/jp
[PR]
# by buoncuorebuoncibo | 2012-11-24 04:39 | イタリア生活

tagliatelle タリアテッレ

b0283487_448243.jpg


ご無沙汰しております。カメラ、パソコンの調子が悪く更新してませんでした。ごめんなさい。
今日から気持ちを改めて。。。

ということで先日タリアテッレを久々に打ちました。新鮮な卵が手元にあったから。申し遅れましたが
私はボローニャでB&Bを営んでおりまして、毎年カラブリアのお客さんが車にのせて地元のものをもってきて
くれるのです。
卵はボローニャでも手に入るけど、気持ちがうれしい!!!
彼らの素朴な透き通った眼をみているだけで癒されます。

やはり人間、笑顔一番!人の気持ちってあったかいし、ありがたいですよね。


b0283487_4555918.jpg


それでこうなりました。

今はおいしいトリュフの時期。新鮮なトリュフが手に入るのはこの時期のみ。私目がないのでございます。

ボローニャ近郊のSAVIGNOというところまで買いにいってきました。

セコンドはまた卵と

b0283487_4583553.jpg


一緒に食べた友人がスクランブルがいいというので。一般的には半熟目玉焼きと一緒が多いかな。

タリアテッレはボローニャの名物。いい卵といいお粉があれば簡単にできます。

今回はGRANO DURO と GRANO TENEROを半々でつくってみたらもちもちになった。GRANO DUROって日本にあるのかな。TENEROは日本でいう強力粉。
分量は卵1個に対して小麦100グラム「だいたいです」あとはこねてるかんじでたしたりして。水とかは一切なしです。



それではまた近いうちに。。
[PR]
# by buoncuorebuoncibo | 2012-11-23 05:08 | イタリア料理